iphone12の使用例

ポケット空っぽで出かけよう ! 引っ掛けて持ち歩く超薄型ウエストポーチ。即!身軽

①目立たない、気にならない。身体の一部になるポーチ
②ベルト無しでウエストラインにカード・財布を収納
③前、後ろ、横にクリップで簡単着脱 ! リュックやバックにも取付可能。

クラウドファンディングサイトMakuakeにて支援者数2000人以上を集め、成功率9500%越えと話題となったウエストラインにクリップで引っ掛ける最薄ポーチ「One80pouch」。

「カード型」「パスポート型」「スマートフォン型(スタンダード)」「スマートフォン型(ラージサイズ)」と4種類ある中で最も人気なのはスマートフォン型。ランニング時やちょっとしたお出かけ、1人キャンプ、釣り、サイクリングなど様々なシーンでポケットレスになれるとあって好評頂きました。

先日発売となった「iphone12」を入れるのに適しているのは「スマートフォン型(スタンダード)」「スマートフォン型(ラージサイズ)」どちらですか?という質問を多数いただいたので、こちらでご紹介します。

結論から言いますと「スタンダード」「ラージサイズ」どちらも収納可能です。画像で確認してみましょう。まずはスマートフォン型(スタンダード)にiphone12を入れた時の使用感は、こちら!

ピッタリとハマるサイズ感となっています。ストレッチは左右合わせて横1cm縦5cmほど伸びるのでジャストな使用感でiphone12をワンエイティーポーチに入れてお使いになりたい方はスタンダード型をオススメします。

ちなみにラージサイズに入れた使用感は、こちら!


「スマートフォン型(ラージサイズ)」にiphone12を入れた場合、サイドに少し余裕が出ます。スマホケースのようにピッタリ使う必要はなく、あくまでポーチですのでこうしたゆとりをもった使い方も◎
ちなみに大きめのサイズだからといって落下しやすくなるということはありませんので、服のサイズ選びのようにオーバーサイズでいくか、ジャストサイズでいくかはアナタ次第。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる